スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すとらたす

ついにプロ野球が開幕した。

プロ野球のシーズンオフ中にすることといえばギャンブルのみ。

自堕落な毎日だが、プロ野球が始まれば普通の人間に戻れている気がする。

趣味はギャンブルです!

とは、言いづらい。

趣味はプロ野球観戦です!

これなら、就職活動も自信を持って挑めるだろう。

トラウマがあるので、二度とサラリーマンには戻りたくないが。

さて、プロ野球が開幕したら必然的にパチスロの稼働時間が短くなってしまうので、開幕

前にAT機を攻めて、傾向やクセを把握しておこうと思った。

2015年になってから、ちょいちょい狙っていたのが、

「戦律のストラタス」

2014年10月に導入され、そこそこの人気はあったが、導入から半年が経ち、さすがに現在

はバラエティコーナー要員になった。

ストラタスを狙う最大のメリットは、設定変更が100%見抜けること。

ご存じない人のために説明すると、ストラタスは液晶画面の右下に現在のゲーム数が表示

されているが、このゲーム数は電源ON/OFFだけではリセットされない。

設定変更をしたら0Gと表示される。

したがって、前日0G以外でヤメてあった台が、当日0Gなら設定変更確定となる。

ちなみに、内部モードや滞在ステージも設定変更以外は全て前日の状態を引き継ぐ。

バラエティコーナーに1台しか導入していないホールなんかは、ホール側がこのことを知

らない可能性が高い。

僕の通っているホールは、まさに知らない人がパチスロの設定を担当しているようなので

、対策などは一切していない。

さすがにバラエティコーナーに1台しかないので、頻繁に高設定は投入されないが、月に

1、2回は高設定を使っている。

その高設定が設定6なら良いんだが、なかなかタイミングよく設定6を打てない。

先週も設定変更が確定していたので打ってみたが、どうも中間設定っぽい。

設定推測は、天国移行率、初当たり時のラッシュ当選率、ボーナス中の登場キャラで、設

定の高低は早めに判断できる。

今さらな台なので詳しく数値は書かないけど、設定推測は簡単な部類に入るだろう。

その日はプラス収支のうちにヤメたが、その後も中間設定らしき挙動を見せていた。

そして、次の日も念のため設定変更チェック。

0Gなので設定変更確定。

僕は、これを前日高設定からの下げと読んだのだが、どうやら上げだった模様。

データがモロに設定6だった。

天国移行率、初当たり時のラッシュ当選率、見事に設定6の挙動。

そういえば、先月もストラタスを狙ったら中間設定のような挙動で、次の日、設定変更で

設定6らしき挙動のデータだった。

もしかして、このホールは中間設定に上げて、そんなに出なかったら設定6に上げるのか

もしれない。

この傾向は、他の機種にも使えそうだ。

やはり、実際に打たなきゃホールの状況は見えてこない。

いくらネットで全台のスランプグラフを見ることができても、設定変更などまでは把握し

づらい。

机上の計算じゃ勝てない。

パチスロは誌面や映像で見るもんじゃない!

現場で打つもんだ!

なんてね。

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1459192504172354"
data-ad-slot="2660992715"
data-ad-format="auto">




--------------------------------------------------
スポンサーサイト

厳しい毎日

厳しい3月がやっと終了した。

3月後半は、学生たちが春休みに入ったらしく、普段見ない若者が多かった。

日中は流行りのハイエナでウロウロ。

閉店間際にはスマホとメダルを持って、あべしやコレ数チェック。

そして、ジャグラーコーナーには、出目をわざわざ写真を撮っている若者。

雑誌やYouTubeの動画を見て真似ている感じだが、とにかく目立ちすぎ。

目立って良いことなんてないという教えは、動画や雑誌で言われていないのだろうか。

店長の目の前でそんなことやるもんだから、もちろんホールは対策済み。

ハマり台なんて当たり前のようにリセット。

ジャグラーもフェイクの設定変更頻発。

自分で自分の首を絞めているのに気付かない若者が多い。

愚痴から入った今週のコラムは3月のまとめ。

収支は相変わらずショボいが、3月は立ち回りの内容も納得できなかった。

そりゃ愚痴りたくもなる。

めちゃくちゃ勝っていたら愚痴なんて言わない。

愚痴が少ない人間ほど成功者だ。

(3月稼働成績1)

(3月稼働成績2)

(3月稼働成績3)

黒字がプラス収支で赤字がマイナス収支だけど、パッと見で黒字ばかり。

さぞかし勝っていると思いきや、総収支はギリギリで20万を超えた程度。

上旬にホールが締めてきた影響が大きかった。

しかし、3月は通して締めてきたわけではなく、中旬はいつも通りに出し始めていた。

上旬に締めてくるというパターンが初めてだったので、3月はずっと締めてくると読み、

結果的に出し始めた中旬に積極的に攻めることができなかったのが、3月の収支が伸びな

かった原因だ。

プラス数千円が多いのは、そういった理由から。

収支的には、若干と言えど2月よりは増えたが、内容が違いすぎる。

2月は攻めた上での収支。

3月は逃げた上での収支。

どっちが、希望があるかなんて2月に決まっている。

攻めた上での結果は、上にブレてくれれば収支は伸びる。

逃げた上での結果は、もうそれ以上は伸び難い。

逃げる思考での立ち回りの目標は、あくまでも「プラス」だから。

プラス1000円でもいいから勝ちたいのが、逃げの立ち回り。

明らかに2月までと比べて設定状況が悪かったのは確かだが、それを踏まえたとしても逃

げすぎたことに反省。

4月は3月よりは状況が良くなるだろうから、できる限り攻めたいと思う。

ただし、2ヶ月連続で最低ラインの総収支だし、1月も目標額には達していないので、ある

程度の収支になるまでは、ジャグラー系で固く立ち回って行きたいと思う。

有力情報

いつものように電車でパチンコ屋へ。

正面には若いサラリーマン。

真新しいスーツに真っ直ぐ伸びたネクタイ、かかとが磨り減っていない革靴。

夢いっぱいの新生活のワクワク感がこちらにも伝わってくる。

僕も新卒でサラリーマンになった日のことは、いまだに忘れない。

一番純粋で希望に満ちた時だった。

それが、いまやギャンブルにのめり込む毎日。

いつから普通の人生から脱線してしまったのだろうか。

もう一度人生をやり直したらどうなるのだろうか。

おそらく…というか、100%ギャンブルはやるだろうから、結局同じ人生になる気がする



ギャンブルをしている時が一番生きている感じがする。

毎日ヒリヒリとした生活。

CoCo壱のカレーでいうと、「5辛」くらいのヒリヒリ感。

なんでもCoCo壱で例えがちな、CoCo壱好きあるあるでした。

茶番はここまでにして、先週は久しぶりに普段行かないホールへ行った。

知り合いの付き添いみたいなものだが。

パチンコパチスロ合わせて200台くらいの小規模ホール。

6枚交換で7の付く日はアツいらしい。

普段は、初見のホールで打つことは滅多になく、ある程度下調べをし、実際にホール状況

を自分の目で見てから打てるホールかどうかを判断する。

しかし、普通の人はそんな暇はないし、そもそも打たないのにパチンコ屋に行くほどの物

好きはいない。

そこで、今回は初めて行くホールでいきなり打つ場合の攻め方を紹介。

そのくらい常識だわ! っていうことばかりだけど、新生活を迎えた高卒サラリーマンや大

卒サラリーマンへ向けて。

今回出向いたホールは、小規模&あまり新台入れ替えをしないので、朝イチからのお客さ

んは少なかった。

一応ホールのブログがあるかどうかチェックしたところ発見した。

内容からして、アニメ系の機種が強いということが分かった。

小規模ホールは、店長の趣味が表れやすい傾向にあるので、そのあたりの情報収集は必須



設置台数や場所を見る限り、「化け物語」が強そう。

やはり、ホールとしては、一番稼働して欲しい機種を目立つところに設置したいもの。

入り口のすぐそばや階段の近くなどがそう。

朝イチは化物語のモードBhigh状態チェック。

化物語は、設定変更をすると必ずモードBが「high」状態になり、その「high」状態は演出

で判断できる特長がある。

チェックをした結果、2台だけ設定変更濃厚。

お客さんが少ない場合は、さらに他の機種もチェック。

主役は銭形の設定変更時に移行する可能性のある高確やモンハンや番長のガセ前兆チェッ

ク。

モンハンや番長に関しては、朝イチの客が少なすぎて、音がこちらまで聞こえてくるので

、自分で回す必要なし。

どうやら、番長とモンハンは全台リセット。

銭形は、朝イチ高確はなかったのでスルー。

この状況から判断するに、番長などの設定変更でガセ前兆が発生するような機種は全台設

定変更しており、銭形や化物語などの設定変更で内部的な状態しか変化しない機種は、設

定変更したい台だけ変更している感じ。

客層やデータ表示機の普段の稼働状況を加味すると、化物語などは、

「設定変更挙動=高設定に変更」

の可能性が高い。

開店から約30分やっと打つ台が決まった。

設定変更挙動があった「化物語」を攻める。

2台あった変更台のどっちを打つかは直感。

打ち始めから、ちょくちょく「解呪の儀」に当選し、設定差のあるスイカからの当選も確

認できた。

しかし、中ハマりが多く出玉がついてこない。

化物語は他のお客さんはまったく打っていないし、打ちそうな素振りも見られないので、

もう1台の設定変更濃厚な台を打つことにした。

こちらは、さっきの台ほど解呪の儀に当選しない。

AT初当たりはそれなりに引けたが、全体的な挙動としては、最初に打った台のほうが良か

ったので、最初の台に出戻り。

稼働が少ないホールでは、こうやって自分でチェックしながら立ち回れるからありがたい



その変わり、ヒキが悪いと投資が増えるリスクはあるが。

今回のホールは6枚交換ということもあるので、これ以上の台移動は自重し、腰をすえて

打つことにした。

相変わらず 解呪の儀当選は良好で、ATの初当たり確率も良くなってきたが、上乗せがシ

ョボくて出玉がついてこない。

この展開になったら我慢するしかない。

いつかハネてくれると信じて。

我慢が実を結び、ついに最大のチャンスが訪れた。



最終的に3500枚で終了。

投資はかかったが、高設定を掴みプラス収支で終えることができたので満足。

ヤメるときは、ホール全体の状況を確認してから帰宅。

この日はビンゴも良さそうな台があった。

次回の7の付く日に、また来るかどうかは微妙。

まず遠い。

6枚交換。

知り合いに誘われない限りは行かないかな。

新卒サラリーマンの方々、これからおとずれるギャンブルという悪魔に負けずにがんばっ

てね!

稼働

朝から行列ができる入り口。

お昼前には空き台は数台のみ。

老若男女が「夢」を追いかけパチンコホールへ。

ゴールデンウィークがやっと終わった。

普段の土日祝日よりお客さんが多く、立ち回りという概念がまったく通用しないほどの稼

動の良さ。

その状況は4日から6日までの3日間、例外なく続いていった。

この3日間は3連敗。

ただでさえ1発で高設定をツモれなくなっているというのに、台選択が極端にできなくな

るゴールデンウィークは負けに行ったようなものだった。

これでホール側がガッツリと回収してくれていたなら諦めもつくが、予想以上に出してい

ただけに悔しいというか惨めというか。

3日間とも午前中に退散したので、稼働時間も極端に少ない。

別のホールに行こうという気力もなく、ほぼ自宅で過ごしたゴールデンウィークだった。

2015年も順調に非リア充な生活をしている。

してしまっているのではない。

自らしているのだ。

これでこそ一匹狼で生きてきた男の道。

人間関係に左右されない生き方…。

ストレス社会といわれる昨今、これこそ一番ストレスを溜めない生き方なのだ。

なんやかんやと講釈をたれているが、要するに今週のコラムは書くことがないのだ。

いつもネタが無いときはパチスロ実戦コラムで逃げていたが、打っていないので書けない



仕方がないので、ミリオンゴッド-神々の凱旋-のことでも。

前々回のコラムで凱旋のデータを掲載したが、その後もデータ取りを続けていた。

なにか狙えるポイントでもないものかと探していたが、やはりなにもない。

なにもないので、まとめたデータはそのまま闇に葬るはずだったが、今回のコラム用とし

て掲載することにする。

始めに言っておくが、とくに何もないぞ。

(凱旋分布データ改1)

(凱旋分布データ改2)

前回は100G刻みだったが、今回は50G刻みにしてみた。

ちなみに100G以下の当選はすべて省いて、100G以上の分布データにしてある。

基本的に100G以上で落ちている台ばかりなので、そういったまとめ方にした。

気になる点としては、天井到達率の高さ。

600G以降は天井に到達する確率が一番高いという結果になった。

某雑誌では天井狙いのボーダーを900Gとしていたが、もう少し早めに打っても大丈夫なよ

うな気がする。

あくまでなんとなくだけど。

一応前々回のコラムで書いた天井データでは、天井平均連チャン数は「5.6連」と、なっ

た。

単純に計算すれば、

「5.6連×1セット300枚=1680枚」

になる。

G-ZONEで削られたりするので正確ではないが、3万円分は使えるという計算になる。

1Kで約25Gなので、約750G回せる計算になる。

つまり、天井GGスタートを1500Gと過程すると、750Gから打ってもプラスになる計算だ



解析が出ていないだけに自信を持って言えるわけではないが、ゴッドが好きな人は参考に

してくれ。

あくまで机上の計算での推測なのでくれぐれもご注意を。

「ゴッドイーター攻略」

先週導入された「パチスロゴッドイーター」。

山佐で777G天井ということもあり、鉄拳3rdに似ているのでは?と、思われた方も多いだろ

う。

鉄拳3rdといえば、設定狙いというより天井狙いで打つ人が多かった。

では、ゴッドイーターはどうだろうか。

徹底分析してみた。

解析がほとんど出揃っていない現状なので、憶測は多いが、データに基づいた憶測なので

比較的役に立つと思う。

まずは、初当り分布。

(ゴッドイーター初当り分布)

見て分かる通り、150G以内の当選が非常に多い。

したがって、AT後即ヤメは厳禁となる。

AT初当りの50%近くが150G以内となっているので、150G以内でヤメられている台は狙い目

となる。

AT中はAT開始時にストーリーパートがあり、全25話終了後のアラガミを討伐すればエンデ

ィングとなる。

このストーリーは150G以内のAT初当り時は引き継ぐので、おそらく150Gまでが天国モー

ド的な扱いだと思われる。

ヤメ時としては、基本150Gヤメ(100G以降のフェイク前兆終了後)で良いが、もう少し粘

りたい人は200Gまで、さらに粘りたい人は300Gまで、限界までって人は400Gまでという

感じ。

約62%で300G以内、約70%で400G以内の当選となっている。

データを見る限り非常に辛い印象で、一撃の爆発力があるという感じではない。

したがって、設定狙い以外はシビアに打つポイントを定めなければキツイ感じがする。

初当り分布表を見ると明確なゾーンらしきポイントは、

「0G~150G」

「500G~549G」

「600G~649G」

の3点。

500G以降は、素人目から考えても当るまで打ったほうが良いと思うので、そんなゲーム数

が落ちていることは滅多に無いだろう。

つまり、拾うことができないという観点からゾーン狙いは厳しいのではなかろうか。

では、天井狙いはどうだろうか。

天井は777G+前兆。

恩恵は700G以上ハマリでATレベルが多少優遇されるということまで分かっている。

初当り分布表に記したが、

通常ATの平均連チャンは2.81連

700G以上当選時平均蓮チャンは4.25連

やはり、700G以上ハマった場合のほうが連チャンしている。

独自に調べた1セットあたりの平均獲得枚数は約129.2枚。

天井到達時の期待獲得枚数は約549.1枚となる。

天井到達条件の場合、約470Gから打てばプラスとなる。

先ほども述べたように、500Gから濃いゾーンが存在するので、450G前後あたりから天井

狙いをしても良いのではなかろうか

結論

狙い目ゾーン

0~150G

450G~天井まで

ヤメ時

150Gまで(100G以降のフェイク前兆終了後)

設定狙いで様子を見たい人は300Gまで

777G天井が去年から流行し、一般のお客さんも慣れてきた感じだ。

鉄拳3rdや蒼天の拳2導入当初は一般のお客さんも慣れてなく、400G以上ハマっている台が

ゴロゴロ落ちていた。

しかし、今回のゴッドイーターは全然落ちていない。

400Gくらいまで打ったら天井まで打った方が得だという意識が働いているのだろう。

山佐も鉄拳3rdよりハイエナ要素を少なくしたと思う。

ハイエナ要素を少なくして稼動がどうなるかは時が経ってみないと分からないが、ゴッド

イーターのゲーム性はおもしろい。

しばらくは稼動保つんじゃないかな。

ミリオンゴッド凱旋がハーデスよりも人気が無いだけに。

これから新基準機も続々と導入されるだろうし、いろいろ楽しみだね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。