スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
111111111111111111

スポンサーリンク

「サイレントヒル」

順押ししているのにペナルティが発動するという画期的?なシステムの「サイレントヒル

」。

天井がベルこぼし「559回」となり、通常時にBAR狙い手順を行わなかった場合は3枚ベル

をこぼさないというシステムだ。

3枚ベルの出現率は発表されていないが、ベルをシッカリこぼしていれば天井は約1000Gら

しいので、単純計算で3枚ベル出現率は1/1.79くらいとなる。

したがって、BARを避けて回せばベルが揃いまくるのだ。

そうすると、レア役やCZ当選に賭けて打ったほうが得ではないかと思ったりもするもんだ

が、そう単純なことではないようだ。チャンス目以外のレア役は、おそらくベルこぼしの

一部で出現している。だから、ベルを取得してしまうと、そもそも肝心なレア役が出現し

ない現象が起きてしまうのだ。

さらに、CZの当選率自体も確率が低くなる。

ベル取得後の数ゲーム後にボーナスに当選というパターンもあったので、どういったペナ

ルティが起きて当選率が下がっているのかは不明。

天井が1000Gくらいなのに、1500Gや2000Gハマっている台があるのは上記の理由が原因だ



導入当初はホールにも説明していなかったらしい。

今週になって、やっと詳細なことが発表されたので、ホールも台間ポップを作り直して対

応することだろう。

さて、天国モードも存在するらしいが、これはゲーム数解除なのか、はたまた天井みたい

にベルこぼし回数が天井なのか…。

データを分析すると、約56%が150G以内に当選している。

なかでも、ほとんどが50G以上に集中しており、100G前後あたりが天国モードの天井みた

いだ。

約半数の初当たりが150G以内なので、もちろん即ヤメは厳禁。

まぁ、BIGでも100枚しか獲得できないのでストレスがたまるところだが、ATに入って特化

ゾーンに入れちゃえば、純増3枚の威力が発揮されるので、耐えることが重要かな。

順押し適当打ちをしたら損するという情報が始めから発表されていなかったことに批判が

あったが、こういう機種があっても良いんじゃないかなと感じた。

それこそ、4号機時代なんて分からないことだらけだったわけだし。

攻略誌関係者は知っていたでしょうが…。

今回のように特定な場所を狙っていないとダメというやり方はやりすぎかもしれないけど

、攻略誌にも内緒にするっていうのは面白いと思うけどな。

そう考えると、一時期の「ハイエナ機種」は考えることがたくさんあって、発見する楽し

さはあったと思う。最近の機種、とくに通常時のベースが高くなった機種はほぼ考えるこ

とがなく、1、2週間後にはほとんどの解析が出尽くしちゃう。

今の機種って高設定と思わしきポイントくらいしか考えること無いしね。

いくら考えたって、すぐ解析でちゃうから…。

2013年、2014年あたりは、どこから打てば勝てるのかを考えるのに必死になれた。

メーカーが、ここから打てば勝てるなんて言わないし、雑誌が発表した期待値も怪しいも

のが多かったし。導入から1ヶ月くらいは独自で分析して攻略する楽しみがあった。

ただ楽しみたいだけって人は、そうやって勝ちにこだわる人を批判したり、サイレントヒ

ルの今回みたいな仕様を批判したりするが、勝ち続けることで楽しいって人もいる。

それぞれ違う考え方の人たちが混在してパチスロ業界が活性化していけばいいと思う。

だから、謎な機種をばっかり作ってくれるメーカーがあってもいいんじゃないかな。
スポンサーサイト
111111111111111111

スポンサーリンク

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。