「6年ぶりの里帰り」

先週は家族の訃報によりパチスロが打てなかった。

急遽、実家のある島根県へ里帰り。

実に6年ぶりだ。

ここ10年で2回しか帰っていないだけに、実家なのに非常に帰りづらい。

親や兄弟、さらには地元の友人にすらパチスロライターであることを打ち明けていない。

ライターの仕事で、月何十万と安定した収入を得ることができるようになったら報告しよ

うと思っていたが、気づいたら5年も経ってしまっていた。

したがって、親、兄弟たちは僕が何をしているか一切知らない状況だ。

今回は葬式ということで親戚一同が集まるというのも、ばつが悪い。

数年ぶりの地元、数年ぶりの親、兄弟や親戚にいたっては15年ぶりくらいに顔を合わした



みんな恐ろしいほど老けていた。

同じ血筋が流れているのに、なぜか僕だけ異様に若く見え、なぜか親戚兄弟たちは異様に

老けて見えるのだ。

原因はすぐに分かった。

うちの家系は皆、大酒飲みでタバコもバンバン吸う。

僕は、酒はほとんど飲まず、タバコも一切吸わないので原因はそれしか考えられない。

それを聞いても、なかにはタバコとか老化に関係ないだろと思う人がいるかもしれない。

しかし、ものすごい比較するのに最適な存在が僕なのだ。

僕は一卵性の双子。

一卵性なので顔も体格もそっくりなのだ。

高校時代寮生活だった僕は、双子の弟と顔を合わせるのは約15年ぶり。

弟はおそらく高校生時代からタバコや酒をやっていただろう。

現在の弟は身長174センチ、体重78キロ。

僕は、身長176センチ、体重60キロ。

まさかの身長にまで差が。

体重にいたっては18キロ差(笑)

駅まで弟が迎えに来てくれたけど、弟の目が点になっていたのが印象的だった。

そして、弟の彼女が僕を見たかったらしく同行していたが、彼女のほうも目が点だった。

タバコが体に悪いとは言われるけど、ここまで差が出るとは思わなかった。

弟の姿を見て、これからも絶対にタバコは吸わないと決心した。

いや、決心させられた。

都会の喧騒から離れ、ひさびさの田舎。

昼間は静かで、この時期の夜は虫の声で外が騒がしくなる。

梅雨ということもあり、部屋にはどこから進入したか分からないカエルの姿も。

都会育ちの人たちには慣れない環境だろうが、十数年暮らしていた僕にとっては懐かしい

感じだった。

親や親戚には、もういい年なのに「ちゃん」付けで呼ばれ、昔話しで盛り上がる。

パチスロライターになってからは、会話も少なくなり人間関係で苦労していたりして挫折

気味だったが、今回の帰省で心が癒された。

身内の死、そして家族の温もりとの別れも合わさって、帰りの電車では涙が出てきた。

最近の上手くいかない現状に、現実逃避したくなる毎日だった。

根つめてパチスロを打ち続けていたが、やりすぎも良くなかったのだろう。

息抜きも大切なんだな。

「上半期まとめ」

今回は上半期のまとめコラム。

まとめなきゃ気づかなかったことが色々あった。

今年は不調だけに、もっと自分の立ち回りを見直す機会をつくらなければいけないのかな



それでは、収支別にランキング形式でまとめスタート!

2015年上半期機種別収支ランキング

第5位 バジリスク絆

4勝4敗 +41000円

去年大活躍したバジリスク絆が5位に。

5位でこの収支だから、いかに今年が不調なのかが分かる…。

去年はBCスルー狙いで勝っていたけど、今年に関してはほぼ設定狙いでの収支。

やはり絆は名機だ。

打っていて楽しいし、飽きない。

第4位 戦国コレクション2

2勝3敗 +41500円

ほぼ暇つぶし感覚で打ったのが4位にランクイン。

モンキーターンみたいなゲーム性で、モンキーと違ってAT中のシナリオが把握できる。

したがって、継続かどうかが分かってしまう。

そういうゲーム性が好きっていう人もいるけど、僕は分かりすぎちゃうと冷めちゃうなぁ

って感じた。

それに、全国制覇(モンキーターンでいうグランドスラム)を達成できやすい代わりに、単

発が異常に多いという点も冷めちゃう。

天国ループしても単発じゃ現状維持どころか減っていくからね。

あんまり打たなかった理由はそのあたりかな。

第3位 ジャグラーガールズ

9勝11敗 +62000円

今年はジャグラーメインの立ち回りだけど、ジャグガに関しては積極的に狙うことも少な

く、ジャグラーシリーズの中では極端に打たなかった機種だった。

しかし、打つ度にまぐれで出たりしてプラス収支となった。

ジャグラーシリーズで一番明るいGOGOランプがジャグガなんだよ。

第2位 鉄拳3rd

1勝1敗 +106000円

一度だけ5000枚出したので2回しか打っていないのに2位に(笑)

絆もそうだけど、やはり去年は勝ちやすい機種がたくさん出ていたなぁって懐かしく思う



もう一度去年に戻りたい…。

第1位 アイムジャグラーEX

45勝44敗 +401000円

ぶっちぎりでアイジャグが1位に。

正直、こんなに勝っているとは思わなかった。

印象としては、そこまでアイジャグを打っている気がしなかったから。

一番機械割が低い機種で一番勝っているわけか。

それほどアイジャグは高設定を使っているということ。

1位のアイジャグの収支は大満足だが、2位~5位の収支が低すぎる。

理想は5位まで10万超えだが…。

それなりにたくさんの機種を打ったが、結果が出なかった戦犯機種が、

「マイジャグラー2」

去年後半大活躍してくれた機種だけに、今年もたくさん打っていたが、まとめてみると酷

い成績だった。

33勝74敗 -70000円

まさか総収支がマイナスだなんて。

まとめるまではプラス収支でそこそこ勝っていると思っていた。

去年後半のイメージが強すぎて、勝てていないのに打ち続けてしまった。

この結果を見る限り、マイジャグ2をメインで打つのは自重したほうがいいだろう。

さて、下半期だが、おじいちゃんの葬式以降いろいろあってパチスロを打てていない。

それまで、毎日のように打っていただけに良い休養となればいいけど、不調を切り抜ける

ための打開策を考えないとどうしようもない。

来年1月の書くと思われる2015年まとめコラムは満足な収支で更新したいものだ。

「元パチンコ店マネージャーに質問」

先週、約5年間住んでいた名古屋に久しぶりに行った。

パチンコパチスロを始めたのも名古屋だし、ライターになる下地を作ったのも名古屋。

思い出の多い名古屋で1週間近く滞在していたが、いろいろと用事がありパチスロを打て

る時間はなかった。

少し時間が空いたときにパチンコ店を覗いてみたが、やはり沖スロが多かった。

とくに今人気の「沖ドキ」は、見に行ったどこのパチンコ店にも設置されている。

導入からもうじき1年経つが、AT機なのに、これほど長生きするとは思わなかった。

僕は沖ドキで痛い目に会い、このコラムで集中的に取り上げて以降は、まったく打たなく

なったが…。

名古屋ではパチンコ店でバイトしていたときの友人と会った。

友人と言っても15歳くらい離れていて、当時働いていたパチンコ店の社員の人。

その店のパチスロの責任者的な存在で、導入機種や設定を全部決めていた。

現在は、そのパチンコ店を退職し、マッサージ屋のオーナーになったらしい。

良い機会なので、当時のことを聞いてみた。

Q.パチスロの設定配分はどうやって決めていた?

A.5号機になってからは一度も設定6を使っていない。新台は設定1~5を全部使って、挙動

をチェックしたりはしていた。それ以外はイベント時に設定1を設定3にしたりする程度。

Q.設定はその日の勤務の社員の人が決めていた?

A.毎日俺が決めていた。俺が休みの日は、その日勤務の社員に電話で伝えていた。酒飲ん

で酔っているときは適当だったな(笑)

Q.割の低いアイムジャグラーでも設定6を使わなかったんですか?

A.もちろん。

Q.なぜ、そこまで頑なに設定6を使わないのか。

A.設定6が噴くと怖いから。取り返しがつかなくなる。うちは等価だったからなおさらだよ



Q.導入する新台は何か意図があったりして決定していましたか?

A.5号機になってからは、パチスロは深く考えていない。なんとなく決めていた。

Q.毎日、パチスロの目標を機械割りで表すと?

A.毎日96%くらいなるようにしていた。イベント時は多少平均設定を上げる程度。

Q.赤字になってもいいイベントは?

A.目標は必ず黒字に。月イチイベントでも。

Q.一番甘くしていた日は?

A.新台入れ替えの日かな。

Q.パチンコの釘調整を毎日やっていたみたいですが、あれはデータなどを見て調整してい

たんですか?

A.もちろん。

Q.最近出ていないから、今日は釘を開けてあげようとか?

A.そういうことではない。全台が同じ回転数になるように調整していただけ。メリハリな

ことはしない。

Q.極論で言えば、どの台を打っても一緒だということ?

A.そうなるようにしていた。イベント時も全台の釘を少し開けて、台ごとに差が出ないよ

うにしていた。

Q.なるほど。だから、イベント前日の閉店時に、バイトに全台パチンコのガラスを開けさ

せていたのですね。

A.そう。今はそういうパチンコ店ばかりじゃないのかな。

他にもいろいろ聞いたが、またの機会に。

このパチンコ店は、駅前の地域密着型の小規模なパチンコ店なので、とくに派手なイベン

トもなく、年配の常連が多い店だった。

すべてのパチンコ店が、同じような営業方針なわけではないが、参考になる情報だとは思

うので、みなさんも心の片隅にでも置いといてみたら良いと思いますよ。

近々、また名古屋に行こうと思うので、その時はパチスロを打つことをメインに行こうと

思う。

その時までに、名古屋のパチンコ店チェックをネットで済ませて置かなければ。

第2の故郷である名古屋の旅終了。

「サンダーVリボルト攻略」

サンダーVの後継機が先週導入された。

5号機のサンダーVシリーズは今回で3作目。

5号機初代、2代目は天井機能が搭載されており、天井到達でRTに突入し、次回ボーナス成

立までリプレイ確率がアップするという仕様だったが、今回は天井機能が搭載されておら

ず、それによりRTもなくなった。

したがって、より4号機のサンダーVに近い仕様になったと思われる。

僕は世代的に4号機のサンダーVは打っていないので、細かい違いは分からないけど。

前作の「ダイナミックサンダーV」より、機械割が悪くなっているので、ちょっと物足りな

いと思う人もいるだろうが、全体的な機械割は現行のノーマルタイプと比べたら抜群に良

いので、悲観することはないだろう。

気になる変更点としては、ベル確率が抑えられ、代わりにスイカ確率がアップしている点



これにより、1Kあたりのゲーム数は前作とほぼ変わらないが、目押し頻度が多くなってい

る。

さらに、ボーナス中の技術介入も、前作はBIG中にビタ押し1回のみだったのが、今作は

BIG中にビタ押し3回、REG中にビタ押し1回となり、より目押しが重要となった。

加えて、前述の通り天井機能もなくなったので、目押しでパチスロを楽しんでいる人にと

っては嬉しいゲーム性になっていると思う。

さて、ダイナミックサンダーVは攻略誌で書いているときに担当機種で、いろいろな打ち

方を模索していたので、今回も打ち方の模索をしてきた。

打っていて感じたのが、ダイナミックサンダーVって単純なリール配列だったので、リー

チ目とか簡単で打ちやすかったんだなと。

左リールに近年流行りのチェリー付BARがなくなったことで、打ち方の幅が広がったはず



順押しの打ち方は小冊子などにも載っていると思うので、今回は逆押しの打ち方を模索し

てみた。

前作は右リールV狙いで楽しい打ち方ができたけど、今回はハズレ時とスイカ時に右リー

ルが同じ停止形になってスムーズに打てないので、赤7の上のBAR狙いをすることにした



まず、右リール20番のBARを中下段狙い

(サンダーVリボルト1)

ハズレ、リプレイ、チェリー、REG、赤7

中リール適当押しで中段リプレイ停止ならリプレイorチェリーなので、左リールチェリー

狙い。

BAR絵柄がチェリーの代用絵柄となるので、左リールは3連Vを避けて押せばチェリー2枚

をフォローできる。

(サンダーVリボルト2)

ベル、スイカ

中リールスイカ狙いで、スイカテンパイで左リールスイカ狙い。

ベル成立時は必ず左上がりで揃う。

基本の停止形がこの2つ。

この打ち方での鬼アツポイントの出目がコレ!

(サンダーVリボルト3)

実戦上、この出目はVBIGイチカク目。

逆押し時で一番アツくなれる瞬間。

(サンダーVリボルト4)

中リールにリプレイorベルが成立するときは必ず小役成立時。

したがって、この出目のように右リール下段BAR時に中リール中段ベル停止でボーナス2

確となる。

(サンダーVリボルト5)

逆押し時に中段リプレイテンパイ以外でチェリーが揃ったらボーナス確定!

オススメな打ち方は、普段は順押しで消化し、怪しいと思ったときに逆押しするとおもし

ろい。

フラッシュや演出などを絡めて打てば、より打ち方の幅は広がると思う。

まだ、打ち込んでいないので、これから色々模索して楽しく打てたら良いね。

「8月の新台攻略」

今回は、8月に導入された新台「シャドウハーツⅡ-運命の道標-」「ストライクウィッチャ

ーズ」「ジャッカスチーム」の攻略。

まずは最新台の「シャドウハーツⅡ-運命の道標-」。

(シャドウデータ)

ボーナス+ARTタイプで天井ゲーム数はまだ不明だが、700G後半あたりに存在するらしい



データを調べていた中での最高ハマリは748Gだった。

特典はART当選だと思われる。

ハマり後に爆発している感じではなかったので、継続率などの優遇はない模様。

レア小役でボーナス抽選をしているのでゾーンなどは存在しない。

一応、ボーナス初当り分布を調べたが、とくに気になるポイントはなかった。

メインのボーナスである「幻影ボーナス」は約104枚しか獲得できないので、天井狙いの

旨みはなさそう。

ARTも1セット30G、ボーナス込みで純増2.1枚なので、1発ART当てちゃえば何とかなると

いう仕様ではない。

高設定狙いメインの機種となりそう。

つづいて「ジャッカスチーム」の攻略。

(ジャッカスデータ)

こちらは注目の新内規初の119%機種。

レア役解除+ゲーム数解除があるので、初当り分布で濃いゾーンが分かるかと思ったが

100G以内を除いて、とくに突出したポイントはなかった。

これは解析待ちかな。

天井は、通常モードが800G、天国モードが100Gとなる。

分布表を見て分かるとおり、約50%は100G以内に当選するので即ヤメ厳禁。

天井の特典は擬似ボーナスに当選するだけなので旨みなし。

よっぽどハマっていない限り狙えないだろう。

機械割が高いのでイベント時に高設定狙いで攻めよう。

高設定ほど100G以内のボーナス当選が多いので、天国移行率に注目すればよし!

最後は「ストライクウィッチーズ」。

(ストライク1)

(ストライク2)

内部的に少し複雑だが、簡単に説明すると9つのモードで管理されており、天国モードま

でモードアップすればCZに当選となり、CZ成功でボーナスorAT当選となる。

レア役からの直撃当選もアリ。

モードはレア役でも昇格抽選を行っているが、32G消化することにより必ず昇格し、CZ突

入まで転落しない。

よって、一番下のモードからスタートした場合、最大で約290G前後でCZへ突入する。

初当り分布で250G~349Gの当選が多いのは、そういった理由から。

天井は2種類あり、ボーナス・AT間1280GでBIG+AT、ボーナス6回連続非当選で次回ボー

ナスの80%でAT当選となる。

ボーナス天井は100%AT当選というわけではないので、狙う場合は注意が必要。

分布表からも天井到達率は低いので、あまり積極的に狙うことはできなさそう。

現状は、250G付近でヤメられている台を300Gくらいまで打って、CZ失敗後即ヤメという

狙い方がベストかな。

去年あたりから天井廃止されるという噂は流れていたが、なんとか天井は残している感じ



しかし、どの機種も天井はあくまで救済処置であって爆発のキッカケという作りではなく

なってきた。

これが一般の打ち手にとって良いことなのか、悪いことなのか。

新内規機種が続々と登場していく今後の流れに注目。