スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実

みなさんは「ケロット」をご存知だろうか。
いや、聞くまでもないか。ヤマサのパルサーシリーズでおなじみのカエルくんだ。

4号機時代(よんごうきじだい)、キンパルシリーズを好んで打っていたオレにとって、カエルくんに正式なネームが付いたのはハッピーなことだ。

そんなカエルくんだが、最近良くないウワサが流れている。

「ケロット柄ハズレすぎだろ」

こんなウワサを頻繁(ひんぱん)に聞く。

ケロット柄が採用されたのっていつぐらいだろうか。たぶん今年だったような気がする。
オレの記憶が正しければ、鉄拳2nd(てっけんせかんど)からだと思う。
ヤマサのショールームで鉄拳を打った際、カエルくんの柄がいっぱい出てきて驚いた記憶がある。

その場には、必勝本のファザーでおなじみの、こーじさんもいた。
しかし、こーじさんはケロット柄をちょいちょいハズしていた。

何が言いたいかというと、ケロット柄は最初からゲキアツってわけじゃなかったということ。
アツいことは確かだが、間違いなく確定っていうレベルではなかった。
そもそも、ヤマサのゲキアツ柄は、もともとファイヤー柄があったわけだし。



それでは、なぜ世間はケロット柄がハズれることにイライラしているのか。

それは、思い込みだ。
先に述べたように、ヒューマンは考えることができる生物(せいぶつ)。ヤマサ=カエルというのはパチスロ界の常識(じょうしき)と言ってもよいだろう。
その思い込みによって、ケロット柄=ゲキアツという認識(にんしき)になってしまったのだ。
ケロット柄導入当初(けろっとがらどうにゅうとうしょ)はゲキアツだったのに、最近はゲキアツじゃないという状況なら、文句言うのも分かるが、始めからゲキアツではないので、文句を言うのはお門違いなのだ。


このように世の中には思い込みによって真実(松真ユウの実…う○こ)が希薄(きはく)になる傾向(けいこう)にある。

うんこが臭いのだって、ヒューマンの思い込みなのだ。
フラワーが臭くて、うんこが良い匂いと思い込めば、うんこも良い匂いなのだ。

ためしに、うんこをマイハウスにおいてごらん。
きっとリラックスするでしょう。

書きながらだが、今、ミラクルにも、うんこが出てきた。

ほら。
良い匂いだと思い込んでごらん。
だんだんと…
良い…
匂いに…
なって…



うん。



うんこはやっぱり何をやったって臭い。
臭いものは臭い。


結論。

野球

先週の金曜日、待ちに待ったプロ野球が開幕した。
毎年、10月末~3月末は、パチスロ以外ですることといえば競馬のみ。
競馬も必ずやりたいというわけでもなく、ただの暇潰し。
なので、プロ野球のシーズンオフはとにかくつまらない時季なのだ。

することがないので、パチスロを一生懸命がんばるしかない。
プロ野球開催中は、野球を見たいから今日の稼働は終了とか、野球を見たいから負けてるけどヤメた、といった言い訳を使うことができるので、そういう意味でもありがたい存在なのだ。
そんな言い訳を納得して受け入れてくれる人はいないだろうが、自分の気持ちの問題。
何にもなしで、パチスロを打たずにサボってしまうと、なんか罪悪感というか、しこりが残ってしまう。
無理やり作った理由であろうと、理由さえあれば心は落ち着く。
知り合いから食事やら誘われても野球見たいから無理という断り方もできる。
端から見たら最低な人間だ。
最低な人間なのは認める。
ただ、最低な人間になってしまうほど、プロ野球とは魅力あるエンターテイメントなのだ。
なんか、ニートの言い訳みたいな感じがしないでもないが、まぁ、ニートではないから許してください。

そんなに毎日見ているなら、シーズン中はまともにパチスロを打てないんじゃないかという疑問を持つ方もいるだろう。
その点は大丈夫。
僕が贔屓にしている広島カープはお世辞にも強くない。
ここ2年連続で3位と健闘しているが、1年間ずっと調子が良いわけではない。
去年の交流戦は、9連敗を喫した。
2013年は、9月の時点で優勝まで見えていたのに大失速。
2012年は9月まで2位争いしている中、突然の8連敗での大失速。
いくら贔屓のチームでも負けまくると応援する気が失せてしまう。
4連敗くらいで、もう次に勝つまで見なくていいや、という気持ちになり、パチスロに集中することができるようになる。

もし、巨人やソフトバンクのファンだったらこうはいかない。
安定して勝って、毎年のように優勝争い。
考えるだけで恐ろしい。
まともにパチスロを打てるのが、移動日の月曜日だけになってしまう。

広島カープファンで良かったかもしれない。
強すぎると仕事などに支障がでるくらい応援してしまう。
逆に、横浜みたいに弱すぎると、そもそも応援のしがいがない。
2年連続で3位という、ちょうどよい強さ。
もしかしたら、広島カープファンが多いのは、こういう理由も大きいのでは?

さて、4月は心機一転がんばりたい。
年が明けてから、パチスロの調子はイマイチ。
来週のコラムで3月を振り替えるが、アホみたいな成績。
端から見たら、真面目にやれよと叱られるかもしれない。
でも、3月は仕方がなかったんだよ・・・。
だから、新年度が始まる4月はヤル気まんまんで挑んで、ロケットスタートを決めてやる!


パチスロの話が少ないね。
有料コラムって、やっぱりの難しい。
お金を払って見てもらっているわけだから。
ブログみたいなことを有料コラムで書いてはダメなのかな。

ダイヤ改正

3月14日、全国的にダイア改正が行われた。
ラッシュ時には2分おきくらいで電車がやってくる東京でダイア改正を心待ちにしている人間はどれだけいるだろうか。
少なくても1人いる。

僕だ。

朝は問題ない。
問題ないどころか、今回のダイア改正で2本増えた。
これは嬉しい誤算。
問題なのは帰り。
毎日ジャグラーの出目チェックを行うので、閉店時間である22時50分までほぼ毎日ホールにいる。
ジャグラーは低設定でも閉店ギリギリまで打つ人が多いので、早めにホールを出られることは滅多にない。
電車の時間は23時01分。
ホールから駅まで自転車を全力で飛ばしてで7分。
駐輪場の時点で22時57分。
駐輪場からホームまで2分掛かるので、ホームに着くのはだいたい22時59分~23時00分。
ギリギリすぎるのだ。
23時01分を逃すと、次は23時11分になってしまう。
11分は中途半端すぎる。
なので、どうしても01分の電車に乗りたいのだ。

今回のダイア改正で多少時間がずれることが濃厚なので、1分でもいいから遅くなることを期待した。
01分が02分になるだけで、相当楽になる。
約7分間乗っている自転車だが、01分ならフルで立ちこぎ。
1分遅くなることによって、立ちこぎ時間を1/3まで減らすことが可能だ。
パチスロで疲れた身体に自転車でさらに酷使するのは、さすがに身体がかわいそうだ。

そんな思いを抱きながら恐る恐る新しい時刻表を見た。


22時59分


そんなバカな。
2分早くなっている。
1分早いならギリギリ中のギリギリで間に合うが、2分じゃもう無理。
不可能。
糞が!

まぁ、その代わり次の電車が23時11分から2分早くなるだろうから、まだ良しとするか。
一応チェック。


23時13分


悪意しか感じられない。
毎日必死で駅に向かってる僕を見てダイア改正したとしか思えない。


**************************************

ボツ理由
軸が悪い。
話の主題が共感されづらいし、面白くない。
圧縮すればまだ読める。
スロについてあんま書いてないから。
何が言いたいのか主役はなんなのか。
全体的にぼやけてるってかんじかな。


ボツ理由は、某塾講師とパチスロ好きな友人に見せて言われたことです。
マニアックスに送る前に毎回この二人に見せて、オッケーが出たら送っています。

今回のコラムは、前述の文章をプロローグとし、そこからパチスロネタに繋げようとおもったが、ボツ理由のとおりで、プロローグにしたらあいまいで話が長すぎる。
そのあたりを修正しました。

完成形コラムは、マニアックスで課金して見てくださいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。